基本

水疱瘡跡(みずぼうそうあと)

◎クレーター状に凹むことが多いですが、白い盛り上がり(肥厚性瘢痕)になることもあります。

◎凹みの底部は、白色に膨らむことが多いですが、茶色い色素沈着(シミ)になることもあります。

水疱瘡痕(みずぼうそうあと)

水疱瘡痕(みずぼうそうあと)

色素沈着(茶色)

色素沈着(茶色)

◎クレーター状の凹みを切除縫合すると、直線的な凹みや両端のドッグイヤー(凸)になってしまいます。
当院ではその修正もしています。

水疱瘡痕(みずぼうそうあと)

縫合跡(白色)

傷跡(きずあと)

◎ホクロの除去(くり抜き)後は、クレーター状に凹むこと(陥凹性瘢痕)が多いです。

◎外傷、手術(傷跡修正)、やけど、縫合後などでも、でこぼこになります。

傷痕(きずあと)

傷痕(きずあと)

◎傷は最終的に白くなります。(成熟瘢痕)
その白い色を目立たなくする治療もしています。

白い傷痕

白い傷痕

ニキビ跡(にきびあと)

◎頰、こめかみ、鼻、顎など、凹むことが多いですが、白い凸になることもあります。

ニキビ痕(にきびあと)

ニキビ痕(にきびあと)


◎詳しくは、専門サイトの『基本』ページをご覧ください。

専門サイトはこちら

トップページへ

治療

◎レーザーで凹みのエッジをなだらかにします。
エッジがなだらかになれば、輪郭がぼやけるので、凹みが目立たなくなります。
白い凸の場合は、凸の部分を平らにします。

◎どのレーザーを使うかは治療時に判断しますが、それよりも重要なのがレーザーの設定です。
通常の設定で治療すると、皮膚(肌)の炎症がかなり強くなり、赤みが長引いたり、ヤケド跡になるため、おすすめできません。
凹凸の状態に応じて、レーザーの設定を調整して、炎症を最小限に抑えることで、仕上がりが違ってきます。

◎底部の白い膨らみや茶色い色素沈着も治療しています。
凹みだけ目立たなくなっても、色調も良くならなければ意味がありません。

◎炎症を抑えるメリット
・数が多くても(何個でも)、大きくても関係ありません。
・しっかり治療できるため、基本的に1回で終了します。
・顔以外でも治療できます。

◎クリームの麻酔のため、麻酔時の痛みや内出血は出ません。

◎TCAピーリング、ヒアルロン酸注入、切除縫合、フラクショナルレーザー、ダーマローラーはおすすめできないため、当院では使用していません。

◎ステロイドテープ(ドレニゾンテープ)、内服薬のトラニラスト(リザベン)や漢方薬のサイレイトウ(柴苓湯)、市販薬のアットノンもおすすめしていません。

◎詳しくは、専門サイトの『治療』ページをご覧ください。

専門サイトはこちら

トップページへ

治療後の経過

◎凹凸の状態に応じて、レーザーの設定を調整して、炎症を最小限に抑えているため、治療後は『すり傷』と同じような経過になります。

◎絆創膏やテープを貼らなくても大丈夫です。
(貼りたい方は貼っていただいて結構です。)

◎基本的に翌日からメイクできます。

◎治療後の診察は必要ありません。

◎詳しくは、専門サイトの『経過』ページをご覧ください。

専門サイトはこちら

その他

◎症例、料金、よくある質問、休診日は、専門サイトの各ページをご覧ください。

専門サイトはこちら

トップページへ

2019 Minimal Clinic Omotesando