基本

汗管腫(かんかんしゅ)

⚫︎汗管腫とは、汗を出す管(エクリン汗腺)が増殖して隆起した良性腫瘍です。
(いわゆる『イボ』ではありません。)

⚫︎原因不明のため、残念ながら予防法はありません。
(ストレス、洗顔方法、スキンケアも基本的に関係ありません。)

⚫︎老化ではなく、自然治癒することはありません。
(子供、20代や30代でも発症します。)

⚫︎女性に多く(男性に少なく)、遺伝性ははっきりしていません。
(女性ホルモンとの関係もはっきりしていません。)

⚫︎表面的には凸の部分しか見えませんが、実際は皮膚深くまで存在しています。

⚫︎通常、かゆみや痛みもなく、見た目の問題になります。

⚫︎エクリン汗嚢腫や稗粒腫と見分け方が困難なことがあります。

⚫︎エクリン汗嚢腫と違い、季節に関係なく(夏場だけでなく)、常に存在します。

⚫︎稗粒腫と違い、白い内容物が出ることはありません。
(自分で治す(針で潰す)のは無理です。)

⚫︎まぶた(目の下、目の上、目の周り、目尻、目元)に多いですが、眉間、こめかみ、おでこ(額)、頬などにも発症します。
顔以外では首、デコルテ、腹部、脇などに発症します。

⚫︎米粒くらい(プツプツ)の大きさで(連なって面状になることも)、肌色〜淡い褐色です。
(顔以外の場合は褐色(茶色)が多いです。)

⚫︎漢字や読み方が難しく、汗腺腫、汗孔腫、汗管癌と間違えやすいようです。
(ちなみに、英語では『sryngoma(シリンゴーマ)』、中国語では『汗管瘤』です。)

⚫︎芸能人や有名人の写真、『ヤフー知恵袋』などの質問サイトで気付く人もいるようです。

汗管腫(かんかんしゅ)

汗管腫(かんかんしゅ)

エクリン汗嚢腫(エクリンかんのうしゅ)

⚫︎エクリン汗嚢腫とは、汗を出す管(エクリン汗腺)が袋状になった良性腫瘍です。

⚫︎原因不明で、女性に多く、遺伝性ははっきりしていません。

⚫︎暑いとき(汗をかいたとき)に悪化し、寒いとき(汗をかかないとき)に目立たなくなります。

⚫︎顔中に多発することがあります。

⚫︎米粒くらい(ポツポツ)の大きさで、半透明〜肌色です。

⚫︎名前が似ていますが、『エクリン汗孔腫(かんこうしゅ)』は足の裏や手の平に好発する暗赤色の腫瘍です。
『アポクリン汗嚢腫』は中高年のまぶたに多いですが、光沢があって単発性です。
また、『エクリン汗腺腫(かんせんしゅ)』、『エクリン肝囊胞(かんのうほう)』、『エクリン汗管腫(かんかんしゅ)』という疾患は存在しません。

⚫︎汗管腫と同様の治療(治し方)をしますので、下の『治療』の項目をお読みください。

エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)

エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)

稗粒腫(はいりゅうしゅ.ひりゅうしゅ.ミリウム)

⚫︎稗粒腫とは、皮膚にできた袋状のものに角質などが溜まった良性腫瘍です。

⚫︎世間では『脂肪の塊』などと言われているようです。

⚫︎原因不明ですが、外傷やヤケドなどの炎症後にできることがあります。

⚫︎まぶた(目の下)に多いですが、頬、おでこ、こめかみ、眉間、口周りなどにも発症します。

⚫︎米粒くらい(ボツボツ)の大きさで(連なって面状になることも)、白色〜肌色です。

⚫︎白い内容物を排出(摘出)するだけでは袋が残っているため、角質がたまって何回も再発を繰り返します。

⚫︎汗管腫と同様の治療(治し方)をしますので、下の『治療』の項目をお読みください。

稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ)

稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ


⚫︎詳しくは、専門サイト(B-1)の『基本』ページをお読みください。

専門サイト(B-1)へ

トップページ(予約.アクセスなど)へ戻る

治療

⚫︎皮膚深くまで存在するため、深く治療する必要があります。
浅く治療すると、熱で一時的に縮んで小さくなったように見えますが、すぐに戻ってきます。(再発)
⚫︎当院では高周波機器で汗管腫(エクリン汗嚢腫、稗粒腫)を『丸ごと除去』します。
針を刺すだけのアグネスとは違い、しっかりと汗管腫を取り除きますので、その1個については1回で終了します。
(アグネスのように何回もかかりません。)
⚫︎ただし、重要なのが機器の出力設定です。
通常の設定で治療すると、皮膚(肌)の炎症がかなり強くなり、赤みが長引いたり、やけど跡になるため、汗管腫(エクリン汗嚢腫、稗粒腫)の状態に応じて、機器の出力設定を調整して、炎症を抑えることが重要です。

<炎症を抑える重要性>
⚫︎大きくても、数が多くても、連なっていても(面状でも)、ひどい場合でも関係ありません。
⚫︎その1個については1回で終了します。
⚫︎まつ毛の近く、顔以外(首やデコルテや腹部など)、ケロイド体質でも治療を受けられます。
(顔以外の場合は治療部位を露出できる服装で受診してください。)
⚫︎赤みや色素沈着など(どんな症状でも)の有無に関係なく、いつでも治療を受けられます。

⚫︎詳しくは、専門サイト(B-1)の『当院の治療』ページをお読みください。

専門サイト(B-1)へ

⚫︎以下の治療法は(ここでは書けませんが)様々な理由により、当院では行っていません。
詳しくは、公式ブログ(C)の各ページをお読みください。

公式ブログ(C)へ

◎『アグネス』(モニター、美容皮膚科、韓国、失敗、治らない、効果ない、口コミ、ブログ)、炭酸ガスレーザー(跡)、エルビウムヤグレーザー、フラクショナルレーザー‬、Qスイッチレーザー、ピコレーザー、針電気凝固法、Queen bee(NEC法)、INNO PLUS(イノプラス)、POTENZAポテンツァ
◎ダーマローラー(ダーマペン)、マイクロニードル、セサルチム、切除手術(くり抜き)、液体窒素、ボトックス(マイクロボトックス)、ケミカルピーリング
◎漢方薬のヨクイニン(薏苡仁、ハトムギ)やゴレイサン(五苓散)、塗り薬(クリーム)のアダパレン(ディフェリン)やヒルドイド軟膏やトレチノイン(レチノイン酸、レチノール)
◎市販薬(安い)のオロナイン軟膏、イボコロリ、マテルコンプレックス、ティーマインアイコンプレックス、オリーブオイル、サプリメント、クリアポロン、つぶぽろん、艶つや習慣、フィットライン、アイクリーム、美容液、馬油、ひまし油、アロマ、木酢液、塩化アルミニウム、シカクリーム、ハーブ、ゼオスキン、エンビロン
◎エステサロン、マッサージ、鍼灸、美容鍼、美顔器

トップページ(予約.アクセスなど)へ戻る

治療後の経過(ダウンタイム)

⚫︎治療後は『すり傷』と同じような経過になります。
⚫︎治療した当日は、『生傷(なまきず)』(ウェット)の状態です。
⚫︎絆創膏やテープを貼らなければ、その形に応じたカサブタができます。
⚫︎基本的に翌日以降からメイクできます。
(カサブタ(ドライな状態)になれば、その上からメイクできて、ファンデーションやコンシーラーで肌色に染めれば、それが絆創膏代わりになります。)
⚫︎カサブタは1週間くらい(早いと3、4日)で取れてきます。
⚫︎絆創膏やテープを貼らなくても大丈夫ですが、貼りたい方は(何でも可)貼っていただいて結構です。
(見た目の好みがありますから、好きにしていただいて結構です。)

⚫︎紫外線対策は通常通りで大丈夫です。
(夏場でも同様に治療を受けられます。)

⚫︎治療後の診察は必要ありません。
(もちろん、診察を希望の場合は対応しています。)

⚫︎治療を受ける(かもしれない)場合は治療部位を隠しやすいように、マスク、サングラス、眼帯、帽子など(何でも可)をご持参ください。
(『下まぶたのみ』の場合はマスクかサングラス、『上まぶた(&下まぶた)』の場合はサングラス、がおすすめです。)

⚫︎治療を受ける場合、治療後の注意事項を解説したプリントをお渡します。
(大切なことは全て書いてありますので、それ以外は自己判断で大丈夫です。)
質問をしても、記憶はあいまいになります。
あいまいな記憶に頼ると、ミスが生じたり、不安になるため、詳しく解説したプリントを作成しています。

⚫︎詳しくは、専門サイト(B-1)の『経過』ページをお読みください。

専門サイト(B-1)へ

料金、症例写真など

⚫︎料金(治療費など)、症例写真(画像、ビフォーアフター)、よくある質問、方針は、専門サイト(B-1)の各ページをお読みください。

専門サイト(B-1)へ

トップページ(予約.アクセスなど)へ戻る

2022 Minimal Clinic Omotesando